FICD5001 of STUDIO FROHLA

各アルバムデータを紹介しています。写真をクリックすると、大きな画面で見られます。.

マリンバ/宮本妥子 中路友恵  ピアノ/河本清子 作・編曲/後藤由里子

制作より

琵琶湖畔に建つプライベートホール『フィガロ』のプロデュースによるアルバム第1弾。(弊社は10年前にこのホールの音響設計をさせて頂きました。)演奏者の宮本さんをはじめ皆さん地元出身の音楽家。尚、宮本さんは長くドイツで活動されていた打楽器奏者で、現在は関西を中心に活動されています。毎日琵琶湖がある生活を送られている皆さんは、羨ましい限りです。10年の月日を経て、室内の雰囲気も、音も味わいが深くなったホールでのレコーディングは、なんとも格別の想いでした。冬の寒い中でのレコーディング、大雪の日もあり、外気とホール内の湿度や温度差が楽器や録音機器に影響を与えてしまうため、思うように進まない場面もありましたが、演奏者のエンジニアも気を取り直して、収録したことを覚えています。
このアルバムでは、“癒し”をテーマに国内外の名曲が、後藤由里子さんによるアレンジ、マリンバ・ソロ、デュオ、ピアノとの競演、ヴィヴラホンなど、いろいろな形態で演奏されています。タイトル曲“DEAR”、“始まりは…”後藤由里子さんの作曲です。
制作にあたり、多大な協力を頂きマスタリングスタジオにもご同行頂きました、『フィガロホール』の多田様にこの場を借りて御礼申し上げます。

宮本妥子 YASUKO MIYAMOTO

パーカッション、マリンバ奏者。現在フリー打楽器奏者として、現代音楽アンサンブルやソリストとして日本、ドイツ、スイスを中心に演奏活動。多数のラジオ録音やCD録音を行う。現在Ensemble le donnne ideali(スイス、バーゼル)、Ensemble Charis(スイス、チューリッヒ)、独日打楽器アンサンブル(Stuttgart)、YMMO即興アンサンブル(フライブルク)に所属。オーケストラではStuttgart放送交響楽団、バーゼル交響楽団、ブレーメンフィルハーモニーで客演。財団法人「地域創造」平成16,17年度公共ホール音楽活性化事業のアーティスト打楽器奏者として登録、日本全国で演奏活動をはじめる。現在、滋賀県立石山高等学校音楽科,相愛大学非常勤講師。

Song of Romi H1

Song of Romi2

Buy CD定価¥2,500

ページの先頭へ

RECORDING DATA

  • MIC/ Shoeps KFM6, RoyerLab SF12, etc
  • A/D CONVERTOR/ SSL Xlogic Alpha Link
  • MIXER RECORDER & EDIT/ PRO TOOLS HD, 96Khz 24bit
  • MASTERING/ Manlay Lab. SLAM
  • MONITOR SPEAKER/ BM6A

RECORDING DATA

  • RECORDING DATE/ Oct 2006-Jan 2007
  • LOCATION/ FIGARO HALL, Ohtsu Shiga
  • PRODUCER/ SUMIO TADA
  • ENGINEER/ TATSURO YAMAZAKI
  • EDIT/MARI YAMAMOTO